加齢臭の不快なニオイを解消セヨ【ボディソープで毎日簡単ケア】

男性

毎日使える天然成分配合

肌にやさしい柿渋に効果

石鹸

耳の後ろをはじめ、首元や脇の下など加齢臭が発生する代表的な場所は特に清潔にしておくことが肝心です。加齢臭は、ノネナールという物質が皮脂の中にある脂肪酸と過酸化脂質が酸化することで起きる臭いです。 この原因物質を取り除くためには、加齢臭用のボディソープを使うことをおすすめします。一般的なボディソープは主に皮脂の汚れを落とすものですが、加齢臭用のボディソープは臭いを除去したり、抑えたりと加齢臭に特化した製品です。 特に柿渋を配合したものは、加齢臭を気にする人に人気があります。今後も柿渋を使用した製品はますます増えていくと予想されます。それは、臭いの原因物質であるノネナールを除去する効果が実証されているからです。 天然成分ですので、肌にやさしいメリットがあります。加齢臭対策のボディソープは、値段が高めではありますが費用対効果ですので、まずは使って効果のほどをご自身で感じてください。

臭いが発生する場所を意識

加齢臭用のボディソープで身体を洗う時に気を付けたいことは、今までの洗い方を改めるということです。臭いを取ろうとゴシゴシこすると肌を痛めるばかりか皮脂を取りすぎることになってしまいます。力を入れすぎないようにしましょう。 臭いが集中する部分は、耳の後ろ・首・脇の下・背中・胸ですので、こちらのゾーンを念入りに洗いましょう。これはとても大切なことです。食器を洗うときを例にします。コップの淵が油で一番汚れている箇所なのに、全体をまんべんなく洗ってもその油汚れは落ちません。意識していれば、淵を念入りに洗うはずです。こういった汚れている部分という意識づけを行うことで加齢臭は改善されていくのです。 また、毎日続けて洗うことを習慣化していきましょう。